2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

ロボットとAIで巡視点検を省力化/中国電力、三隅火力で実証試験

2024/06/06 9面 

今回試行に使用したロボット「ugo  mini」
 中国電力は、火力発電所の巡視点検について、ロボットとAI(人工知能)を導入するなど「スマート化」を図っている。発電所内でロボットを自律走行させ、計器などを撮影。その画像をAIが解析し異常値などを読み取る仕組みだ。日々の点検業務を人からロボに切り替えれば、現場の省力化、効率化は大きく前進する。
 火力発電所ではトラブルを未然防止するため、設備の巡視点検が日々行われる。これには多くの時間と労力を要するため、同社はロボットやドローン、AI解析を活用した巡視点検のスマート化に取り組んできた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください