2024年6月16日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

最新の出版物

【冊子】原子力NEWSがわかる2024

原子力NEWS2024
価格:330円 (本体 300円)
紹介文:この1年間の原子力関連ニュースを解説

発行:2024年5月
サイズ:A4判
ページ数:カラー20ページ

電気新聞に掲載された原子力関連記事から、この1年間(2023年4月~2024年3月)の主なニュースをピックアップし、分かりやすく解説した1冊です。原子力発電所の実質的な60年超運転を可能にする法改正の内容、既存炉の再稼働に関する動向、原子燃料サイクルや高レベル放射性廃棄物の最終処分を巡る動き、世界中で高まる原子力の存在感など、国内外のホットなニュースを図表やイラストを使い徹底解説しました。

GX(グリーントランスフォーメーション)の実現を目指し、政府は原子力発電の活用に向けて政策転換に踏み切りました。本誌では、原子力の利用率向上の鍵を握る既存炉の再稼働・審査の状況、革新炉の開発に関する動向、バックエンド対策、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた着実な取り組みなど、関連するニュースを丁寧に解説しています。

原子力関連企業に勤務する方はもとより、原子力の現状に関心のある方々や地域のオピニオンリーダーへの説明用資料、学習・参照用として幅広くお使いいただけます。

【目次】
脱炭素社会と原子力の必要性
既存炉の最大限有効活用へ
原子燃料サイクルと使用済み燃料対策
放射性廃棄物の処理・処分
福島第一の廃炉に向けて
次世代革新炉を巡る動き
世界の原子力の最新動向
NEWS FLASH
この1年 原子力関連NEWS
商業炉の審査・稼働状況

季刊電力人事2024年度夏季版(№247)

価格:6,600円(税抜 6,000円)
紹介文: 今号(№247)より、価格改定がございます。

 定価  6,600円(税抜 6,000円)に変更となります。
※旧定価 5,280円(税抜 4,800円) ←№246までの価格

季刊電力人事は、電力及びそれに関連する会社・団体・役所の人事約8万5千人を収録しています。
発行: 2024年6月
定価: 6,600円(税抜 6,000円)
サイズ: B5判
ページ数: 712ページ
ISBN: 978-4-910909-13-4

【原則として2024年4月1日付までの人事を反映しています】
※当書籍は電力および電気関連業界内で業務遂行上の円滑な連絡を行うことを目的に発行しているものです。
※転載禁止、転売禁止とさせていただきます。

電気新聞縮刷版2024年3.4月号(No.326)

価格:4,950円(税抜 4,500円)
紹介文:
※今号(№326)より、価格改定がございます。
定価 4,950円(税抜 4,500円)に変更となります。
   ※旧定価: 3,855円(税抜 3,505円)←№325まではこちらの価格です。

令和6年(2024年)3.4月号(No.326)
A4判変型
538ページ

縮刷版は、2カ月分の電気新聞紙面を1冊に収録し、奇数月に発行しています。
(1・2月号、3・4月号、5・6月号、7・8月号、9・10月号、11・12月号)
発行:隔月刊(年6回奇数月末発行)

徹底解説 GX時代の電力政策 ~続・電気事業のいま~

GX時代の電力政策
価格:1,760円(税抜1,600円)
紹介文:著者:市村拓斗(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)
判型;新書判、356頁
ISBN:978-4-910909-12-7
発行:2024年3月

安定供給、健全な競争環境、GX… 今後の電力政策がこの1冊に

経済産業省・資源エネルギー庁への出向経験が3度というエネルギー政策に精通した弁護士が、電力システム改革の現状や今後、GX(グリーントランスフォーメーション)時代の電力政策を深く掘り下げて解説した一冊。

著者は2021年6月、「電気事業のいま Overview 2021」(電気新聞)を発刊。直後の3度目のエネ庁出向期間中にロシアによるウクライナ侵攻、それに伴う燃料高騰・電力卸価格高騰、新電力の相次ぐ撤退と、東日本大震災を機に行われてきた電力システム改革が岐路に立たされている状況を、政策当局者側からみてきた。

短期的な視点に立った競争の結果として電源・供給力が決定的に不足。さらに、低炭素な新規電源への投資環境を整える必要性、既設電源の低炭素化を進める必要性に迫られていた。その制度整備に携わった当事者の一人として、安定供給確保、健全な競争環境の再構築、GXへの対応を詳述している。

電気新聞縮刷版2024年1.2月号(No.325)

価格:3,855円(税抜 3,505円)
紹介文:

令和6年(2024年)1.2月号(No.325)
定価: 3,855円(税抜 3,505円)
A4判変型
498ページ

縮刷版は、2カ月分の電気新聞紙面を1冊に収録し、奇数月に発行しています。
(1・2月号、3・4月号、5・6月号、7・8月号、9・10月号、11・12月号)
発行:隔月刊(年6回奇数月末発行)

【冊子】でんきを知るガイドブック2024

でんきガイド2024
価格:330円(税抜300円)
紹介文:発  行: 2024年3月
サ イ ズ:  B5判
ページ数: カラー24ページ
監  修: 武蔵野大学経営学部特任教授・一橋大学名誉教授 山内弘隆

「電気事業の今」が分かる!
GX、原子力利活用、新たな電力市場や系統整備など満載
難解な用語や最新のトピックスを丁寧に解説


注目されるグリーントランスフォーメーション(GX)推進戦略。GXに不可欠な電気事業のカーボンニュートラル化を進めるには、電源の脱炭素化と電力の安定供給の両立が最重要課題です。

そのための新たな仕組みである容量市場、長期脱炭素電源オークションのほか、予備電源制度、需給調整市場など、それぞれの役割に期待が寄せられています。さらに、電気事業を展望すると、再エネの主力電源化、カーボンプライシング、内外無差別、分散型エネルギーリソース、広域系統整備などは喫緊の課題です。

2024年は電力システム改革の検証や次期エネルギ―基本計画の検討が本格化します。エネルギー危機などを経た現在、電気事業の新たな姿を展望するため、専門的で難しい用語や注目の最新トピックなど、この一冊で徹底解説します。

お問い合わせ
電気新聞メディア事業局
TEL : 03-3211-1555 FAX : 03-3212-6155

お問い合わせ