有料データベースサービスのご紹介

新聞各紙を紙面イメージのままお読みいただける電子新聞サービスです。電気新聞では2011年8月1日から紙面提供を開始しました。定期購読に加え、1部のみの購入、バックナンバーの購入も可能です。購入した紙面をスマートフォン/タブレットで閲覧できるアプリも提供しています。

※同サービスのご契約は新聞オンライン株式会社となりますのでご注意ください。また、上記アプリは新聞オンライン専用です。電気新聞デジタルではご利用いただけません。

>>詳細はこちら

※本サービスは「個人読者」を対象とさせていただきます。

データベースサービス

電気新聞は下記のデータベースサービス会社に記事提供を行っています (訃報などは含まれません)。

※ご利用方法・ご料金・お支払いなどについては、各社にお問い合わせください (弊紙ではご質問にお答えできない場合もございます)。

日本経済新聞社が提供する、国大最大級の新聞・雑誌記事データベースです。 電気新聞は1988年から記事データの提供を開始しました(2002年までは一部の記事のみ収録しています)。

国内最大級の新聞・雑誌記事データベースです。 2003年1月以降の記事が収録されています。

scom_logo_common
法人向けのニュース配信・検索サービス、個人向けのニュース配信(Broad News Street)を行っています。Broad News Streetでは、あらかじめ登録したテーマの記事をメールとマイページでご覧になれます。

世界最大級のグローバルなニュースとビジネス情報等のデータベースです。 世界159カ国、22言語で提供している約2万5000の情報ソースにアクセスできます。

指定したキーワードに沿って最新の新聞・雑誌記事をピックアップし、ファクシミリで送信するサービスです。

電気新聞 e-ClipNews (イークリップニュース)
掲載記事の中から、希望するテーマの記事だけを電子メールで毎朝配信する有料サービスです。
※電気新聞 e-ClipNewsは2017年3月末日でサービスを終了いたしました。長らくのご利用、ありがとうございました。