「電気のある生活」写真賞

第64回「電気のある生活」写真賞・最優秀賞「点灯」
第64回「電気のある生活」写真賞・最優秀賞「点灯」

 1878(明治11)年3月25日、わが国に初めて電灯がともされました。これを記念したのが「電気記念日」で、1928(昭和3)年に記念日に制定されて以来、電気関係の諸行事が全国的に行われています。
 電気新聞はこの記念日にちなみ、くらしや産業活動など各分野に不可欠な「電気」をテーマとした「電気のある生活」写真賞の募集を行っています。

◆第64回(2017年度)入賞作品が決まりました◆

 「電気のある生活」写真賞に今年も多数のご応募をいただき、ありがとうございました。最優秀賞には巻島芳明氏(群馬県・60歳)の「点灯」が選ばれました。

<過去の入賞作品はこちら>

    第63回「電気のある生活」写真賞 入賞作品一覧
    第62回「電気のある生活」写真賞・入賞作品一覧