2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

単行本

みんなの知らない世界の原子力

201704_p001
価格:¥1,296 (本体¥1,200 )
紹介文: 世界の電気事業に精通する海外電力調査会が、原子力を続ける国とやめた(やめる)国のそれぞれの事情を分かりやすく解説。各国の事情を詳しく見ていくと、原子力を続ける場合とやめた場合のそれぞれのメリットとデメリットが浮かび上がります。専門用語をできるだけ使わずに、簡素な記述で説明しています。これから日本の原子力発電をどうするのか。考えるきっかけにもなる本です。

電気の選び方 わが家の電力自由化ガイドブック

電気の選び方
価格:¥972 (本体 ¥900)
紹介文:本書は、家庭のための電力自由化ガイドブックです。 電力自由化の概要をはじめ、どのようなサービスが登場しているのか、電気料金メニューを選ぶステップ、契約前後に生じる疑問や注意点、トラブル対応法について解説しています。また 巻末には、「わが家の電気ノート」「契約前のチェックシート」も収録しました。

世界の電気料金を比べてみたら 電力小売自由化研究ノート

201602
価格:¥1,296 (本体¥1,200 )
紹介文:海外の電気事業に詳しい海外電力調査会が、その情報力を生かし、小売り自由化先行国で電気のサービスがどう変わったのかをまとめました。今後、日本でも登場しそうな電気料金メニューや、電力会社の賢い選び方、問題点などについて、わかりやすく解説しています。

ウチの会社 電気売るんだってよ-電力小売ビジネスを始めるための10のポイント

201601
価格:¥1,944 (本体¥1,800 )
紹介文:

電力の基幹システムを手掛ける関電システムソリューションズが、その知見と経験を生かして著した、電力小売りビジネス立ち上げのノウハウを記した解説本です。

本書は、電気事業の歴史や電力システム改革をまとめた基礎編、小売り事業開始に必要となる業務の全体像を示す準備編、各業務を詳細に解説する実践編で構成されています。実践編の解説は、電気料金メニューの考え方から、スイッチング手続き、料金計算方法、需給管理、ガス自由化への対応まで、業務全般を網羅。これを読めば電力小売り事業立ち上げの青写真が描けるようになっています。

 小売り事業に携わる関係者必携の書であり、また、電力小売り自由化とは何かを知りたい人にもお勧めです。

まるわかり電力システム改革キーワード360

201508
価格:¥1,944(本体¥1,800)
紹介文:

大転換期の電力ビジネスにまつわる用語から360語を厳選。新しい制度や安定供給維持のしくみ、再生可能エネルギーの利用など、改革後の電力ビジネスの姿を分かりやすく解説します。

 監修は、一橋大学大学院商学研究科の山内弘隆教授が代表を務める公益事業学会学術研究会と、澤昭裕氏が所長を務める国際環境経済研究所。執筆陣は各分野に精通した総勢14人ができるだけ最新の動向を反映できるように書き下ろしました。

 新たなビジネスチャンスをつかみたいビジネスマンをはじめ、システム改革後の姿を捉えたい人に向けた一冊。今後も続く詳細設計の議論の理解にも欠かせない用語集です。

お問い合わせ
電気新聞メディア事業局
TEL : 03-3211-1555 FAX : 03-3212-6155

お問い合わせ