2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

中国電力、俣野川揚水で大規模改修/7ヵ月短縮へ創意工夫

2024/05/14 9面 

据え付けはトレーラーや常設クレーンを使って慎重に行われた
◆水圧鉄管弁の据えけ慎重に
 ◇1面から続く

 俣野川発電所は鳥取県と岡山県の県境に位置し、背後には名峰の大山がそびえ立つ。30万キロワットの水車発電機を4台備え、最大529メートルの有効落差を使って年間約4億7千万キロワット時を発電している。
 近年は激増する太陽光発電の余剰電力を使って下池から上池へ水を吸い上げ、太陽光発電の出力が落ちる時間帯に下池へ流して発電するなど揚水式の運用方法は変わってきた。俣野川発電所の起動回数も2022年度は10年前の3倍超と大幅に増加。運開から37年が経過したこともあり、弁の動作不良や水漏れが起きてきた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください