2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

地盤改良材製造時のCO2を6割減/大林組、性能とコストも維持

2024/03/15 11面 

 大林組は14日、地盤改良や液状化対策に使う地盤改良材(グラウト材)について、製造に伴う二酸化炭素(CO2)を約60%削減する製品を開発したと発表した。通常の改良材と同等の性能、製造コストを維持しながら、大幅な脱炭素を実現する。
 低炭素型の改良材は同社と大阪防水建設社、富士化学と共同で、芝浦工業大学の稲積真哉教授の指導を受けながら開発した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください