2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

炭素中立へ技術開発促進/関電工、蓄電池など5事例報告

2024/02/06 7面 

報告会でカーボンニュートラル実現に向けた決意を述べる仲摩社長
 関電工は2日、2023年度の技術開発報告会を都内で開催した。オンラインでも同時配信し、電力やゼネコン、メーカーなどの顧客約750人が出席、視聴した。テーマは「総合力でカーボンニュートラルを実現」。二酸化炭素(CO2)排出量の評価手法や再生可能エネルギーの利用を効率化する蓄電池、CO2排出量を抑える土木技術など、カーボンニュートラルにつながる5件の開発事例について発表した。
 冒頭あいさつした仲摩俊男社長は「これからはハード面に加え、設備のメンテナンスやエネルギーマネジメントなどソフト面の技術力を強化し、ハードとソフトの両方でお客さまのニーズに応えていく。50年のカーボンニュートラル実現へ技術開発を促進し、さらなる成長につなげたい」と決意を述べた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください