2024年6月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

関電工、YKKAPがビル向け太陽光/窓、壁面発電開発で提携

2024/05/27 11面 

会見に臨んだ関電工の仲摩社長(左)とYKKAPの魚津社長。手にしているのはペロブスカイト太陽電池の見本
◆年内実証、26年商品化

 関電工とYKKAPは24日、ビルの窓や壁面を使った太陽光発電装置「建材一体型太陽光発電(BIPV)」の開発で業務提携すると発表した。ビルの内窓として取り付けるタイプや、上下階の間の壁(スパンドレル)に取り付けるタイプの2種類を開発する。年内にも実証実験に乗り出し、2026年までの市場投入を目指す。
 今回の開発は一般的な商用ビルを対象とする。YKKAPが建材商品の開発、関電工は施工技術や電設部材を含めたシステムの開発を担当する。太陽光モジュールのメーカーは今後検討する。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください