2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

九州送配電、50万V苓北火力線を張り替え/海峡横断する工事、慎重に

2024/05/16 7面 

高さ約82メートルの鉄塔に昇る作業員
◆電線作業止め船へ配慮/誘導現象の感電防止も

 九州電力送配電が、九州電力苓北発電所(熊本県苓北町、石炭、70万キロワット×2基)の電力を送る基幹送電線「50万V苓北火力線」の張り替え工事を進めている。熊本県天草地方の島々を結ぶ同線は、海峡横断部を計4カ所抱えるのが特徴で、工事の際は船舶の航行など周辺環境への配慮が必要。2回線ある送電線の片方を停止させて行う作業では、誘導現象による感電事故を防止するため、慎重に工事が進められている。
 10日に張り替え工事の一部を報道関係者に公開した。張り替え工事は2021年4月に開始し、26年6月の全面運用再開を見込んでいる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください