2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

[現場新時代](1)弘電社/効率化へ「バックオフィス」

2024/05/14 9面 

◆課題対処で現場と一体感

 建設現場は限られた工期で工事を仕上げねばならない。法定時間内の労働だけでは完成にこぎつけないから、日々残業が発生する。
 こうした建設業の労働問題に対し、時間外労働の上限規制がスタートした。業界にとっては働き方の変革を迫られる大きな課題だ。
 「よく『24年問題』と言われるが、我々は問題とは思っていない。むしろ前に進む契機と捉えている」。三菱電機グループで、電設工事を手掛ける弘電社の田村誉嗣上席執行役員・関東支店長はこう話す。「後手に回らず、先取りで対応したい」と前向きだ。
 ◇  ◇  ◇
 工期厳守を求められる建設現場は「当たり前」のように残業して工事を仕上げた。そんな業界の労働事情に変革を迫るのが時間外労働の上限規制だ。担い手不足や遅れがちな現場のデジタル化など、課題はほかにもある。これらの課題に向き合い、変わろうとする業界の「新時代」を取材した。(この連載は随時掲載します)



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください