2024年6月19日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

土木現場、進む「自動施工」/大林組、鹿島が体制構築

2024/05/08 9面 

施工管理者1人で複数台の重機を遠隔制御できる(写真は大林組)
◆省人化へ重機遠隔制御
 ◇国交省、デジタル化に力/新3K目指す
 建設現場の土木工事で、盛り土作業などの施工を自動化する取り組みが進んでいる。大林組は国土交通省発注の新丸山ダム(岐阜県八百津町、御嵩町)建設工事で、施工管理者1人が複数の重機を一括制御する取り組みを実証。従来の標準施工量を上回る結果が得られ、生産性向上につながることを確認した。鹿島も集中管制室を設け、複数現場の重機を遠隔で一括管理するシステムを構築している。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください