2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

四国電力黒藤川水力、12月運開へ建設佳境/建屋内装に地元木材

2024/04/26 13面 

斜面の補強工事を行った水槽の設置予定地点。奥の穴は取水えん堤につながる水路トンネル
斜面の補強工事を行った水槽の設置予定地点。奥の穴は取水えん堤につながる水路トンネル
◆地域と信頼構築

 四国電力として約30年ぶりの新設水力発電所となる黒藤川発電所(愛媛県久万高原町、流れ込み式、1900キロワット)の建設が佳境を迎えている。追加で斜面の補強工事などを行った影響で運転開始予定が6カ月延期されたものの、今年12月の運開に向け、管路や発電設備の設置が着実に進む。地元の木材を活用したり、小学校の見学を受け入れるなど、地域との良好な関係の構築にも気を配っている。
 同発電所は2021年6月に着工。仁淀川水系の前川に取水えん堤を設置し、約580メートルの水路トンネル、水槽、約1300メートルの水圧管路を経て発電所に至る。年間発電電力量は850万キロワット時を見込む。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください