2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

九州電力、取水口ゲートを遠隔制御/川上川第一水力で実証運用開始

2024/03/18 13面 

水門ボット(左)を既設設備に取り付けることで、水門ゲートの開閉を遠隔制御する(川上川第一発電所)
◆水を取りこぼさず発電に/労災リスクも低減 
九州電力が、水力発電所の発電用水を取る水門の開閉操作を遠隔制御する取り組みに乗り出した。川上川第一発電所(佐賀市、最大出力9300キロワット)向け取水堰の取水口ゲート巻き上げ設備に福岡市のベンチャー企業などが開発した制御用装置を設置。このほど実証運用を始めた。従来よりも機動的にゲート開閉を行えるため、これまで失っていた発電電力量の確保や、作業員が現場で災害に遭うリスク低減につながる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください