2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

ドローンなど活用、広範囲の土壌計測し放射線源を検出/大林組

2024/02/26 11面 

 大林組は22日、ドローンや四足歩行ロボットを使って広範囲の土壌を計測し、放射線を発する線源を検出するシステムを開発した。放射性廃棄物などの関連施設で、人に代わって土壌の点検作業に利用できる。
 原子力施設や中間貯蔵施設では、広い範囲にわたって土壌の放射線量を調べることが必要。モニタリングポストによる定点観測や歩行調査は行われているが、広い土地を面でとらえて測る技術は確立されていない。そこで同社は未来技研、菊池製作所、松浦電弘社と共同で今回のシステムを開発した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください