2024年6月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電気工事・保安

球児に早く練習場所を/関東保安協山梨事業本部、受電再開へ関係者一丸で

2024/01/25 9面 

旧増穂商業高校の敷地に設置されたキュービクルを点検する関東電気保安協会の職員(中央)
 「閉校した学校施設で19日までに高圧受電を再開できないか」。山梨県から山崎芳彦・山梨事業本部長に打診があったのは1月12日のこと。能登半島地震の影響で県内に避難した日本航空高校石川野球部に練習場所を提供したい、というのがその理由だった。
 場所の候補の一つが2022年3月に閉校した県立増穂商業高校(富士川町)の敷地。閉校後も警備などに最低限必要な低圧の電力は供給されているが、このままでは水道やトイレ、夜間照明などが使えない。練習場所として機能させるには高圧受電が必須となる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください