2024年6月15日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域・グループ

[北海道地震]観光業の復活へ/現地訪ね発信すれば応援に

2018/09/20 2面 

◆報道されない元気な状況も/現地訪ね発信すれば応援に
 13日に北海道胆振東部地震の取材応援で札幌市から小樽市へ向かった。小樽は初めてなので観光名所の「小樽運河」に寄ってみた。タクシーの運転手から「通常は多くの観光客でにぎわっている」と聞いたものの、いざ訪ねてみると人はちらほらとしか見かけない。
 運河近くの土産物店も閑古鳥が鳴いている状態。「この時期は修学旅行生であふれているが、相次ぐキャンセルで激減している」と店主は悲痛な面持ちを見せていた。
 周辺をぶらついていたら、初来日したオーストラリア人の男性に出会った。8月中旬から約1カ月かけて車で北海道を周遊しているという。
 地震発生当時は苫小牧市内のホテルに滞在。部屋は10階なので揺れを大きく感じただけでなく、地震も初体験だったので「とてもショックだった」と振り返っていた。地震の恐怖を味わったものの予定通りに旅を続け、「また日本に遊びに来たい」と笑顔で去って行ったのが印象に残った。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから