2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

関電、供給網全体でCO2半減/30年時点、現目標は原子力再稼働で前倒し

2024/05/21 2面 

 関西電力は国内発電事業による二酸化炭素(CO2)排出を対象とした自社の削減目標を、2年前倒しで達成する見通しだ。2025年までに13年度比で半減を目指していたが、新規制基準に適合した原子力プラント全7基が再稼働を果たし、再生可能エネルギー電源の活用も進んだ。調達・輸送を含めたサプライチェーン全体(スコープ3)の排出量に目標値を置き換え、脱炭素に向けた動きをさらに加速する。30年までに同50%削減を目指す。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください