2024年6月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

応札不足解消策を検討/エネ庁、需給調整市場要件緩和など軸に

2024/05/13 2面 

 経済産業省・資源エネルギー庁は、需給調整市場での応札量不足や価格高騰の是正に乗り出す。前日取引の3次調整力(2)については一部の週間商品の不足分と合わせて追加調達する仕組みが、募集量増加や異常な価格高騰を招いているとして一時中断。抜本対策としては応札義務化など規制強化ではなく、応札要件緩和といった誘導的手法を用いて応札量増加を図る方針だ。
 10日夕の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)制度検討作業部会(座長=大橋弘・東京大学大学院教授)で提起した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください