2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

関西電力、太陽光投資へ100億円ファンド/PPA向け、17万キロワット開発

2024/05/02 2面 

 関西電力は1日、国内の太陽光発電事業を投資対象とする100億円規模のファンドを設立したと発表した。存続期間は25年。合計17万キロワットの新規開発を目指す。関電が設置した子会社の「KXリニューアブルエナジー合同会社」が無限責任組合員(GP)としてファンドを運営し、コーポレートPPA(電力購入契約)を行う太陽光発電事業を開発。東銀リース、滋賀銀行、常陽銀行、朝日生命、三井住友トラスト・パナソニックファイナンスが有限責任組合員(LP)として出資する。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください