2024年6月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

一般送配電の相互扶助制度、災害対応費を柔軟に交付/能登地震受け運用見直し

2024/04/25 2面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は24日の理事会で、災害時の仮復旧費用などを一般送配電事業者があらかじめ積み立てておく「相互扶助制度」の運用を一部見直すことを決めた。能登半島地震に伴う仮復旧対応の終了見通しが立たず、同制度に基づく北陸電力送配電からの申請が遅れる可能性もある。見直しでは追加申請の期限・回数上限の撤廃などを反映。制度の使い勝手を良くし、事業者の負担を減らす。
 相互扶助制度は一般送配電事業者から集めた拠出金に基づき、一定の基準を満たした災害で生じる応援費用や仮復旧費用を交付する仕組み。2020年6月の電気事業法改正で創設され、21年4月から広域機関が運用を始めた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください