2024年6月15日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

柏崎刈羽6、7号機再稼働で経済効果4396億円/新潟県が試算

2024/04/25 1面 

新潟県内への経済波及効果
新潟県内への経済波及効果※クリックで拡大します
◆廃炉なら1262億円

 新潟県は24日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機が再稼働した場合に4396億円の経済波及効果が県内に生じるとする試算を発表した。全機が稼働停止している場合の2984億円、全基を廃炉にした場合の1262億円を大幅に上回った。新潟県が原子力再稼働の経済効果を公的に示すのは初めて。柏崎刈羽7号機の再稼働を巡る議論に大きな影響を及ぼしそうだ。
 経済効果は10年間の金額で、地元への発注額、東京電力ホールディングス(HD)従業員の支出、原子力関連の税金や交付金を活用した公共事業の増加を織り込んだ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください