2024年6月20日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

九州電力グループ、廃棄物再資源化工場が川内で稼働/火力から循環拠点へ

2024/04/12 2面 

川内港を望むCPQの再資源化工場。左右2つの建屋内で廃棄物処理、素材製造を行う
◆再生プラなど製造
 九州電力グループのサーキュラーパーク九州(CPQ)が、川内発電所跡地(鹿児島県薩摩川内市)で資源循環事業を1日に開始した。廃棄物の再資源化工場が稼働し、薩摩川内市など地域の廃棄物を受け入れて再生プラスチックや木質素材などを生産する。石油火力発電所から資源循環拠点へ、「変身」が進む現場を取材した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください