2024年6月16日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

連系線増強に疑問の声/「費用対効果小さい」エネ庁会合で指摘

2024/03/08 1面 
連系線増強による再エネ出力制御率の低減効果

 マスタープラン(広域系統長期方針)に基づく系統整備の費用便益評価を巡り、経済産業省・資源エネルギー庁は7日の有識者会合で、再生可能エネルギーの出力抑制の低減効果を提示した。試算によると、関門連系線増強後における2030年頃の九州エリアの出力制御量は年21億キロワット時。増強しなかった場合の制御量は年23億キロワット時だったため、低減効果は2億キロワット時にとどまった。委員からは「費用に対する効果が小さい」「再エネ大量導入の目的に応える増強なのか」と疑問の声があがった。

 総合資源エネルギー調査…



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください