2024年7月24日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

三菱重工神戸造船所、原子力操作を模擬施設で体感/「俯瞰」の視点 設計に生かす

2024/02/21 4面 

三菱重工の神戸造船所にある原子力の中央制御室を模擬したシミュレーター施設
◆訓練用シミュレーターの外販も
 三菱重工業は、原子力発電所の中央制御室を模擬した施設で社員教育に注力している。電力会社の運転員のようにプラントの起動停止を操作し、各機器の稼働状況を担当設計者が学ぶことにより、プラント全体の中で個別機器がどう機能するかを俯瞰(ふかん)する「プラント屋」の視点を身に付け、製品の改善につなげる狙いだ。様々なトラブルを再現でき、近年はサイバー攻撃を想定した訓練を重ねる。サイバーテロ対応演習や、特定重大事故等対処施設(特重施設)教育の拡販活動も推進している。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください