2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

東電が原子力防災訓練/300人参加、本社と柏崎刈羽の連携確認

2024/02/19 2面 

原子力緊急時対策本部長として指揮に当たった小早川社長(中央)
 東京電力ホールディングス(HD)は16日、本社と柏崎刈羽原子力発電所が連携して事故に対応することを想定した原子力事業者防災訓練を実施した。震度6強の地震で外部電源が喪失し、原子炉を冷やせなくなる事態を想定。本社と発電所で約300人が参加し、事故対応を本社が支援するための情報共有が適切に行われているかを確認した。訓練には原子力規制庁も参加。東電HDの対応を評価するとともに、情報共有のさらなる充実も求めた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください