2024年6月15日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

[岐路に立つ電力ビジネス]第二部・危機下のエネルギー政策(2)

2024/02/06 1面 

LNG調達の不確実性が際立つ中で、トレーディングの重要性が増している(写真は米国から受け入れたLNG船)
◆「トレーディング」不可欠/国の戦略的確保、量に課題

 かつて電力会社は総括原価と地域独占の下、確からしい需要予測を前提に長期契約でLNGを確保していた。スポット取引は多少の不足を補う位置付けだった。今や状況は様変わりした。自由化や脱炭素の進展、再生可能エネルギー導入、原子力再稼働…。LNG調達にとって不確実な要素しか見当たらず、旧来の運用では不足のみならず余剰リスクも増す。
 「1つの予想に張るのは問題」(垣見祐二・和歌山大学客員教授)との言葉通り、将来が不確実だからこそLNG需要に関する複数シナリオ策定が重要になっている。民間ベースでは不確実性に対応するトレーディングが、発電事業者の優劣を左右する。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください