2018年11月16日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

[北海道地震]北海道電力、需要減の算定見直し/実効的な節電広報へ

2018/09/14  2面 

◆住宅太陽光分など補正
 北海道胆振東部地震による道内の需給逼迫を巡り、北海道電力は13日、地震前と比べた需要の減少率がより実態に即したものになるよう算定方法を改めた。住宅用太陽光などが多く発電すると、その分需要が少なく評価されてしまうためだ。補正をかけた上で、需要が実際にどの程度減ったかを把握し、今後の節電の呼び掛けなどに生かす。
 需要減少率の算定根拠となっているベンチマークは地震前日の5日時点。北海道電力からの報告を基に、経済産業省では5日の同時刻とを比べ、需要がどれだけ減ったかを「需要減少率」として会員制交流サイト(SNS)上などで発信している。節電呼び掛けの度合いも、この数字を参考に4段階に分けている。




同じカテゴリーの最新記事