2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合・原子力

[台風21号]被災の大阪「元の生活、一日も早く」/住民からエール

2018/09/07 2面 

田尻町で倒壊した電柱を撤去する作業員
田尻町で倒壊した電柱を撤去する作業員
 台風21号によりライフラインが大きな被害を受けた大阪府南部では6日、関西電力などによる復旧作業が本格化した。大阪府田尻町内で3本の電柱が倒壊した道路では午前中から、きんでんが中心となって道路をふさぐ電柱を取り除くなど、送電再開に向けた作業を進めた。大阪府泉南市内では、中国電力の高圧発電機車が病院付近に同日早朝に到着し、病院などの停電を解消。住民の日常生活を取り戻すため、関係者による懸命の作業が各地で続く。
 田尻町内の道路では約100メートルにわたり、3本の電柱が倒壊。関電ときんでんから計10人が集結し、電柱の付属品を除去して建て直す作業を進めた。復旧指示に当たっていた関電岸和田ネットワーク技術センター託送サービス係の木下学さんは、「地域住民の皆さんの不便になっているから、早く解消したい。元の生活を早く取り戻せるようにしたい」と力を込めた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから