2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

30年度、アンモニアなど3分野で純利益目標の2割/東洋エンジ

2024/05/17 4面 

細井 社長
 東洋エンジニアリングは脱炭素関連事業で、燃料アンモニア、地熱発電、ソーラーカーポートを推進する。3分野で2030年度の純利益目標の2割に相当する20億円を稼ぐ。
 15日の決算会見で発表した。細井栄治社長は3分野の内訳を「半分は燃料アンモニアで、残り半分を地熱とソーラーが占める」と説明した。
 政府は国内の燃料アンモニアと水素の需要が、30年にそれぞれ300万トンに拡大すると見込む。東洋エンジは双方について、国内需要の10%超を賄う供給事業に参画する計画だ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください