2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

脱炭素へEVの「真価」探る/豊田中央研究所・東大生産研

2024/04/22 4面 

EVの排出削減効果を定量評価した(写真はレクサスのコンセプトEV)
◆ガソリン車と排出量比較/充電制御、炭素価格が鍵に

 豊田中央研究所は、「電気自動車(EV)は二酸化炭素(CO2)排出削減に常に貢献するか」をテーマとする研究論文を発表した。豊田中研などは今回、計量経済学的手法で2030年の日本の電力システムをモデル化し、EVの脱炭素化への貢献を評価。EV充電が石炭火力のたき増しを促す場合はガソリン車より1台当たりの排出量が多く、V2G(電動車からの給電)などで脱炭素・低炭素エネルギー利用を促進する場合は、逆の結果になることが分かった。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください