2024年5月27日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

経産省、入札の在り方巡り方向性/同時市場、電源に自由度

2024/04/12 1面 

同時市場の入札区分※クリックすると拡大します
◆起動や出力配分、決める権利
 電力の供給力と調整力を扱う「同時市場」の検討で、電源運用や入札区分など発電事業者向けの要件が見えはじめてきた。入札は電源の起動と出力を発電事業者が決めて入札・登録する「自己計画電源」と、電源の起動と出力を約定結果に委ねる「市場計画電源」を選べる仕組みとする。電源出力配分の最経済化のために容量の下限値と上限値を入札して、その範囲内で市場が出力を決める方式も取り入れる。論点も残るが、この方向性で価格算定手法、便益評価などの議論も本格化する。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください