2024年7月13日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

三菱電機、自己託送を社内で実証/3電力エリア4拠点を接続

2024/02/09 4面 

◆運用の高度化狙う
 三菱電機は8日、自己託送支援ソリューション「マルチリージョンEMS」を3月から2年間、社内施設で実証すると発表した。3つの電力エリアに構える4拠点をつなぐ。2023年4月から販売しているが、運用実績の蓄積によって需給計画などの業務運用を改善するとともに、発電予測技術などの高度化も狙う。
 マルチリージョンEMSは、自己託送による拠点間の再生可能エネルギー価値移転や、再エネ・蓄電システムの最適制御を後押しする。需要家の再エネ調達を支援するクラウドサービス型のソリューションだ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください