2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

東電EPの定額太陽光サービス、新築マンションに導入/25年に都内2物件で

2024/05/09 3面 

パークホームズ代々木西原の完成イメージ図(三井不動産レジデンシャル パークホームズ代々木西原提供)
 東京電力エナジーパートナー(EP)は8日、三井不動産レジデンシャルが手掛ける新築分譲マンションに、毎月定額で太陽光発電を利用できるサービス「エネカリプラス」を導入すると発表した。東京都が2025年度から新築住宅に太陽光発電設備の設置義務を課すことを見据え、25年に都内で竣工予定のマンション2物件にサービスを取り入れる。新築分譲マンションにエネカリプラスを導入する初の事例となる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください