2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

電力先物のマーケットメーカー制度拡充、ヘッジ取引促進に効果/東商取

2024/04/26 3面 

◆月間商品の立会取引、前月比8倍まで急増

 東京商品取引所(東商取)が電力先物市場に導入した「マーケットメーカー制度」の拡充策が効果を上げている。2024年7~9月限の需要期のヘッジ取引を促進し、市場の流動性を高める狙いがある。開始した1日以降、同限月を中心に取引高は急増。24日時点の月間商品の立会取引は前月比8.1倍の2126枚に達した。拡充策は6月末まで継続する。
 制度拡充は、最も電力需要が旺盛な夏場のヘッジ取引の約定を促し、市場の流動性を向上させるのが目的。4~6月までの期間限定で、まずは試験導入の位置付けだ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください