2024年6月19日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・テクノロジー

[工場探訪]北日本電線・船岡事業所/「暮らしと産業」支え続ける生産拠点

2024/04/17 4面 

ドラムに電線を巻いている様子
◆精度極め、製品を安定供給/設備を新設、より線速度3倍に
 ◇約80年にわたり
 「暮らしと産業のあるところ そのすべてが北日本電線の事業領域です」――。東北電力グループで、電線製造などを手掛ける北日本電線(仙台市、田苗博社長)。戦後復興の重要資材だった電線を供給するために設立して以来、約80年にわたりインフラを支えてきた。光ケーブルや電力関連資材、床暖房パネルなど多彩な製品も展開するが、主力は社名の通り電線。その生産拠点となるのが、船岡事業所(宮城県柴田町)だ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください