2024年5月27日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

発電量2.2%マイナス、非化石比率横ばい/22年度エネ需給実績確報

2024/04/15 3面 

 経済産業省・資源エネルギー庁が12日公表した2022年度のエネルギー需給実績(確報)によると、発電電力量は前年度比2.2%減の1兆106億キロワット時だった。製造業の生産活動縮小や暖冬の影響により落ち込んだ。非化石電源の割合は、原子力が低下した一方で、再生可能エネルギーが伸びたので同横ばいの27.2%だった。
 発電電力量のシェアは、水力を含む再エネは同1.3ポイント増の21.7%、原子力は同1.3ポイント減の5.5%、火力は同横ばいで72.8%だった。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください