2024年6月17日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

北海道NW、統合型系統安定化システムの運用開始/数百ミリ秒で需要遮断

2024/03/21 3面 

北海道NW基幹系工事センターで開かれたIRASの運開式
 北海道電力ネットワークは19日、三菱電機が開発した「統合型系統安定化システム(IRAS)」の運用を始めたと発表した。災害で大型電源や基幹送電線が停止した際、周波数が急落して大規模停電に至る事態を防ぐため、電力需要を瞬時に遮断し、周波数を維持する。同じ役割のUFR(周波数低下リレー)より遮断動作が速く、遮断量も精緻に計算して最低限に抑える。同日にIRASの中核装置がある北海道NW基幹系工事センター(札幌市)で運開式が開かれた。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください