2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

ENEOSのDAC実証が本格化/1日75キログラム回収想定、装置を報道公開

2024/01/24 3面 

大気中のCO2を直接回収するDAC装置。右側から空気を吸引し、CO2をフィルターで吸着する
 ENEOSは23日、大気中の二酸化炭素(CO2)を直接回収するDAC(ダイレクト・エア・キャプチャー)装置を中央技術研究所(横浜市)で報道陣向けに公開した。同社は昨年12月からDAC装置の実証実験に取り組んでおり、CO2回収量や回収濃度を検証中。将来的にはDAC装置で回収したCO2と水素で合成燃料を製造していく考えだ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください