2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

スコープ2のGHG量を自動算定/ゼロボード、次世代電力計データから

2024/06/07 3面 

 ゼロボード(東京都港区、渡慶次道隆代表取締役)は6日、スマートメーターが取得した電力データを使った温室効果ガス(GHG)排出量の自動算定サービスの提供を始めたと発表した。スコープ2と呼ばれる、他社から供給された電気・熱・蒸気使用による間接排出を自動で算定する。多くの拠点や店舗を有する事業者向けに、業務効率化や生産性向上に資するサービスとして売り込む。
 名称は「Scope2 AUTO(スコープツーオート)」。同社のGHG排出量算定クラウドサービス「Zeroboard」の有償オプション機能として提供する。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください