2024年6月16日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

[トレンド・アプローチ]「DAC」勝ち筋つかむ

2024/05/27 5面 

プラネットセイバーズのDACの特長
◆東大発ベンチャー 技術確立への挑戦
 ◇鍵はゼオライト活用/効率性とコスト追求

 大気中にある二酸化炭素(CO2)を直接回収する「DAC(ダイレクト・エア・キャプチャー)」。先行する欧米にも負けない技術を確立しようと、2023年に発足したのが東京大学発のスタートアップ「Planet Savers(プラネットセイバーズ)」(東京都渋谷区、池上京最高経営責任者)だ。自然界にも存在する「ゼオライト」と呼ばれる吸着材に着目。コストを抑えつつ、効率的にCO2を回収する仕組みを追求している。「気候変動を緩和し、次代に住みよい環境を残したい」(池上氏)と目標を高く掲げる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください