2024年6月18日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

[動き出すCCS事業](3)液化CO2を大量海上輸送

2024/05/23 3面 

低温低圧の液化CO2大量輸送に向けた実証試験船「えくすくぅる」
◆効率化の鍵は温度と圧力

 CCS(二酸化炭素回収・貯留)では、回収した二酸化炭素(CO2)を貯留地まで輸送する必要がある。CO2の排出源となる発電所や工場などが貯留地に近い場合はパイプラインで輸送し、遠い場合は液化CO2輸送船で輸送する。日本はCO2排出源となる産業集積地と貯留適地の距離が離れているため、液化CO2輸送船の開発が進んでいる。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください