2024年6月20日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

Kenes初の系統用蓄電所が運開/仙台市内、4万キロワット時

2024/05/21 3面 

20日に仙台市内で営業運転を開始したKenes初となる系統用蓄電所
 関西電力子会社の関電エネルギーソリューション(Kenes、大阪市、川崎幸男社長)は20日、仙台市で設置を進めていた系統用蓄電所が営業運転を開始したと発表した。調整力の供出や余剰電力の吸収に活用する。蓄電所は定格出力約1万キロワット、定格容量約4万キロワット時で、1日1サイクル充放電した場合、一般家庭約4700世帯の1日分の使用量に相当する。同社は蓄電所運用を通じ、電力需給の安定化や再生可能エネルギーの導入加速を支援する考えだ。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください