2024年6月19日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

[ウクライナショック・侵攻から2年](上)LNG・大型案件めじろ押しも

2024/02/26 3面 

◆需給逼迫の可能性消えず
 2020年上半期までアジア向けスポットLNG価格は100万BTU(英国熱量単位)当たり2~5ドル程度だったが、ロシアによるウクライナ侵攻を経て価格が急騰し、22年3月に84ドルを超える過去最高の高値を付けた。今月21日時点では8ドル前後まで低下しており、元の価格までは戻らないものの、LNGの高騰は一服したかのようにみえる。<



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください