2024年6月19日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

夏・冬の厳気象対応、供給力算定法を簡素化/広域機関が見直し案

2024/02/21 3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は20日の有識者会合で、厳気象対応の供給力の必要量について、算定方法の見直し案を提示した。夏季・冬季は現状に比べ、簡素な手法を導入。10年に1度の厳気象を想定した最大電力(H1)と最大3日平均電力(H3)に対応する必要供給力の差分から算出する仕組みに改める。
 同日の「調整力及び需給バランス評価等に関する委員会」(委員長=大橋弘・東京大学大学院教授)で提起した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください