2024年5月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

ネットワーク・市場

広域機関が初の「運営理念」策定/高い公益性自覚、専門性に磨き

2024/02/09 3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は8日の理事会で運営理念を決めた。使命・目的(ミッション)を明らかにした上で、組織が追求すべき理想像(ビジョン)と価値観(バリュー)を記した。業務量が年々増加し、社会的な要請も高まっていることから、組織の立ち位置を明確にする狙いがある。
 具体的には「日本の電力の今を支え 未来を切り拓く」をミッションに掲げ、(1)安定供給の実現(2)脱炭素とも両立する強靱・効率的な電力システムの構築(3)公益の視点による電力システムの進化の追求――の3項目をビジョンに設定した。



>>電子版を1カ月無料でお試し!! 試読キャンペーンはこちらから

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください