<キーワード・発電所全体のコスト競争力>

タービンの効率改善とオペレーション・メンテナンスの最適化

 競争環境が激化する完全自由化後の電力市場においては、発電所全体のコスト競争力を強化していくことが、発電事業者にとって従来以上に重要な課題となります。その主策として想定されるのが (1) 発電効率の向上、(2) 発電所のオペレーション・メンテナンスの最適化、の2点です。

 これらの主策の実現に欠かせないのが、IoT技術に基づいた発電所の効率的な経営です。発電効率の向上に関しては、ビッグデータを活用することで従来の経験に基づいた運用では実現できなかった、きめ細かい設備効率の向上が可能となります。加えて、発電所のオペレーション・メンテナンスに関しても、データ解析に基づいた科学的なメンテナンススケジュールの策定や保守部品の寿命測定など、コストを削減できる現場でのオペレーションが可能となります。

 

効率61.5%を達成したラウスワルド発電所(ドイツ・デュッセルドルフ)

効率61.5%を達成したラウスワルド発電所(ドイツ・デュッセルドルフ)

大型ガスタービン開発の歩み

大型ガスタービン開発の歩み

パフォーマンスの最適化

パフォーマンスの最適化

新エネルギーミックスへの確かなエネルギー供給(英語、新しいウインドウで開きます)
http://www.siemens.com/global/en/home/company/topic-areas/sustainable-energy/power-generation-mix.html

 

ユーティリティのお客様のための包括的ソリューション(英語、新しいウインドウで開きます)
https://www.siemens.com/global/en/home/markets/power-utilities.html