トリチウムの基本Q&A

トリチウムの基本Q&A

電気新聞特別号

監修
草間朋子・東京医療保健大学名誉教授
小森栄治・日本理科教育支援センター代表

監修者からのメッセージ

草間朋子東京医療保健大学名誉教授
残念ながら福島第一原子力発電所の事故は起こってしまいました。事故の処理に伴うトリチウムを含む排水は日に日に増加しています。原子力発電所の敷地内のタンクにたまり続けるこの排水を、このままの状態で後の世代に残すわけにはいきません。放射線や放射性物質に関しては「ゼロ」を求める人々が多いのですが、半減期が12年を超えるトリチウムを、英知を集めた最新の技術を使っても「ゼロ」にすることは難しいことを理解していただき、処分していかなければなりません。このウェブサイトが、ご理解のきっかけになることを期待しています。

小森栄治日本理科教育支援センター代表
福島第一原子力発電所のトリチウムを含む水をどう処分するかが、問題になっています。福島の方々が心配しているのは、放射線そのものより風評被害です。風評被害を防げるのはあなたです。そのために、このウェブサイトを役立てていただけることを願っています。

この記事をSNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE