広告・特集

エネ・環境業界最前線[鳥獣対策]

ヨツギ/「鳥封じ」シリーズ・第5弾をリリース

2017/01/25 NEW

写真(1)新たな鳥害対策機材「鳥封じSLIM」

写真(1)新たな鳥害対策機材「鳥封じSLIM」

 ヨツギ(東京都中央区、代継直人社長)は、各電力事業者が抱える鳥類による多様な鳥害を解決するべく、様々な鳥害対策機材の開発を手掛けており、糞害対策、地絡対策、営巣対策など、顧客ニーズに合わせた鳥害対策機材のラインアップ拡充を日々行っている。昨今、都市部や近郊部ではハト、ムクドリ、カラスなどによる鳥害が増加傾向にあり、それらの鳥害発生箇所は引き込み線などにも及んでいる。特に、住宅地の家屋引き込み箇所などでは、駐車場や通路、さらには庭先といった箇所へも被害が及ぶに至り、対応が急務であった。そこで、これらの問題を解決するべく、従来の鳥害対策機材では対応が困難であった、細径箇所や曲線箇所などにも適用可能な、軽量で作業性に優れる新たな鳥害対策機材「鳥封じSLIM(スリム)」=写真(1)=を開発した。

 鳥封じSLIMは、鳥封じシリーズ第5弾として細径電線などに特化したバージョンアップ製品であり、従来の鳥害対策機材にはない様々な特長を有している。

写真(2)

写真(2)湾曲の状況

 構造面では、腹割り構造で、長さ500ミリメートル、内径15ミリメートルのコルゲートチューブ形状を有し、周囲5方向に針山が配置されており、優れた取り付け作業性と全方位への高い駐鳥防止効果を発揮する。

 コルゲートチューブ形状であることから湾曲=写真(2)=やねじれにも強く、曲線部へも追従可能である。また、各機材は回転自在な継手で連結=写真(3)=され、連続に押し込み挿入が可能であり、同梱の高耐候性結束バンドで取り付け、落下防止処理が行える。

写真(3)

写真(3)継手による連結の状況

 重量も約50グラムと軽量で、取付後の設備への負担も小さい。機能面では、グレー色の高耐候性樹脂を採用し、美観にも配慮している。同社では、今後もさらなるラインアップの拡充を図り、様々なニーズに応えていきたいと考えている。

ヨツギ株式会社
ホームページ:http://www.yotsugi.co.jp/

住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-13
電話:03-3563-5611
FAX:03-3563-5617

電気新聞では広告主様のニーズに合わせ、さまざまな形での広告掲載が可能です

広告出稿のご案内

お問い合わせ
電気新聞営業局 TEL: 03-3211-1550 FAX: 03-3201-4739

広告出稿に関するお問い合わせ