2019年3月20日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

[普及への道筋-広がれ外部給電器](上)電動車両拡販へ追い風

2019/03/15  4面 

災害時の利用が拡大している外部給電器
災害時の利用が拡大している外部給電器
◆可搬型製品に補助金支給/災害時向けの関心高まり
 災害時に停電が起こると生活が困難になる。その対策として、電動車両の蓄電池にためた電気を家庭や施設へ供給する「外部給電器」が脚光を浴びている。電動車と組み合わせれば停電時でも電気が使えるだけに、非常用電源としての需要が見込める。価格が気になるものの、経済産業省は2019年度に外部給電器へ補助金をつけると決定。実質的な購入額は50万円を下回るケースも出てくる。補助金が呼び水となり、外部給電器の普及を後押ししそうだ。
 補助金の名称は「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」。18年度まで電気自動車(EV)などの電動車とクリーンディーゼル車のみが対象だったが、19年度は一部の外部給電器も加わることになった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事